プロになりたいと思うあなたに

プロのミュージシャンになりたいと思っているあなた。

本気で思っているなら、できるだけ早く東京へ行きましょう。いままで何人も「プロになりたい、音楽で飯食いたい」と私に言った人がいますが、そういう人には必ずそう言っています。すると、なからず返ってくるのが・・「なんで東京?」という言葉。

「プロのミュージシャンがいる中心地だし、プロを目指している人が沢山いるからです」

地方にいる人はなおさら、日本の中心地に行って腕試ししましょう。ちょっと人より出来る楽器が日本全体ではどういう腕なのか試すのです。地方でウジウジああなりたい、こうなりたい、と言っているだけでは夢で終わってしまいます。そして一番サイアクなのは、プロミュージシャンになりたいからと定職につかず、アルバイトしながら地元にいる人。私の周りにも沢山います。厳しいようですが、多分彼らはそのままではプロにはなれないでしょう。だってアクションのおこしようがありませんから。スカウトでも待っているのでしょうかね?(笑)

本当にプロになりたいなら、本当に今すぐに地元を離れて東京で音楽生活をしましょう。日本の中心地なので自分の立ち位置(実力)を確認できますし、ライバルも沢山いるのでやりがいもあるし、売り込みするにもいい場所です。そこで散々自分の実力を試して、腕を上げるのです。

楽器だけもって今すぐ
楽器だけもって今すぐgo!

以前に書きましたが、プロになるには実力だけではなれません。周囲が自分の味方になってくれないとまず難しいです。そこには音楽に対するひたむきな想いや人間性、運や人徳、人脈などが絡みっています。上京したからといって最初からうまくいくことはまずありません。色々落ち込むことも多いでしょう、当然です。でも、みんなそこからプロへの道をスタートさせているのです。要は「あきらめない精神」と「音楽に対する真摯な態度」これが大事です。

一方で自分の立ち位置の見極めも大切です。

私の知り合いは、10年と期限を決めギター1本で上京しました。インディーズですがCDも出しましたし、全国のイオン店舗でのライブツアーもしていましたが、上京から10年経ってまもなく、地元に帰ってきました。彼によると、十分やりきったということでした。これ以上やっても、これ以上の上にはいけないと判断したそうです。今、まさにプロを目指している人には少々厳しい話ですが、現実は厳しいです。しかし、それに打ち勝った人こそが本当のプロになれるのです。

以上を肝に銘じて立派なプロになって欲しいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です