ヨーロッパのジャズについて

非常に狭い範囲の話になってしまいますが、私の大好きなヨーロッパのジャズについて自分なりの解説をしたいと思います。

ジャズはアメリカが発祥の地です。ニューオリンズと聞けば、大体の人はぼやっとでも分かるくらいジャズで有名ですね。昔からの伝統のルーツジャズ(ニューオリンズジャズ)を今でも大切に守り、パレードしたり、プリザーベーションホールでは今でもミュージシャンによって演奏されています。一方、そこからヨーロッパに渡ったジャズはどうなったのでしょうか?

ヨーロッパはご存知クラシック発祥の地。クラシック、と言いますが以前書きましたが当時ヨーロッパではクラシック(古い)ではなく、最新の音楽でした。クラシックはヨーロッパの人にとってはいまだにポップスと同じような感覚で、街角でストリートミュージシャンがクラシックを普通に演奏しているくらいメジャーなんです。そんな、クラシックが土台にあるヨーロッパにジャズが流れ込んできたとき、クラシック的な要素と融合したジャズは、アメリカのジャズよりも「より音楽的」に洗練された音楽として生まれ変わりました。

DSC_0363
特にヨーロッパのミュージシャンは洗練されている!

私のイメージとしては、アメリカのジャズは「感性」「ガチャガチャしている」感じです。一方、ヨーロッパのジャズは「優雅」「理性的」「クラシックのようでジャズ」といった感じ。

同じジャズなのに、アメリカで聞くものとヨーロッパで聞くものが違う!ということ。また細かいことを言ったら、アドリブのフレーズも違うんです。ヨーロッパは全体にメロディックで色彩感覚が強いイメージがあります。一方アメリカは少し雑かもしれないけど感性が抜群。ノリノリです。それぞれの歴史(バックグラウンド)が違うだけで、同じ音楽でも変わったものになってしまうのが、すごく不思議な感じですよね。

日本のジャズもイメージがまた異なります。日本のジャズは世界的にみると全体にこじんまりした印象が強いです(あくまで私の中のイメージですけど)。世界で活躍したり、本場で揉まれてきたミュージシャンが日本には少ないことが要因かもしれませんね・・。

同じ曲を演奏しても国によってそれぞれ特徴が違うので、それらを聴き比べするのも楽しいかもしれませんね~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です