バンドでの悩みごと色々

バンドをせっかく結成しても、人間関係がうまくいかないとバンドをうまく運営することが出来ませんよね~。これは社会全般にも言えることで、人間関係は大切です。合わない人って必ずいるので、それに合わせられるかどうか、許容範囲かどうかで身の振り方も考えなくてはいけなくなります。

でもバンドなので、やはり何より一番大切なことが音楽の方向性が皆揃っているのか?ということ。たとえメンバーそれぞれがそれぞれにやりたいことが違っていても、そのバンドになった時にはバンドの方向性が決まっていれば全然問題ありません。例えば私も、今のバンドの方向性より本当はもっとオールドジャズが好きでやりたいと思っています。でも、バンドは1つの単位なので自分の好みは大きく主張できません。それはバンドという1つの単位としての方向性やイメージなどから、個人的なことは後回しになるからです。

最近そのジレンマに悩んでいる私なのです。

若い時はさほど思いませんでしたが、年とってくるとだんだん時間が惜しく思えてしまって・・・・本当のやりたいことに転向しようかと今考え中です。

バンドで私情は挟めないとはいえ、ついつい自分の趣味や好みが演奏に表れてしまうのは当然です。そういった個性まで否定されるようなバンドの方向性であったなら、私はバッサリ辞めてもいいと思います。

バンドとは元々個性の寄せ集めであり、1つの音楽を個性たっぷりの人間でやるからこそ、化学反応が起きるのです。そういった面白い演奏を聴きにいきたいとお客様に思わせてこそ、本当のバンドと言えると思います。

どこまでバンドとして音楽を追及するのか?という話については正解がありません。特にジャズは難しい面があります・・。ニューオリンズスタイルのジャズをやるんだ、と決めても、ジャズなんだからそこまで譜面やスタイルにこだわる必要があるのか?とか、自由なアドリブやっている人からすると思うだろうし、スタイルにこだわってない人からすると、バンドに嫌悪かんすら芽生えそう・・・><ああ、、だから最近、バンドではなく個人単位で演奏しているアマチュアが多いのね?と一人納得してしまいます。

結局バンドで活動するのって、色々な障害が多すぎて(特にお金ですね)、まず、日常生活に支障が無い人でないと、アマチュアで演奏活動もなかなか出来ないんじゃないかと思います。

趣味で音楽やるなら、音楽の方向性と人間関係・生活基盤さえ押さえておけばいいでしょう♪(いっぱいあるなぁ・・)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です