音楽の波及効果

近年、音楽業界ってすごく変わりましたよね。私の時代なんかはまだレコードしかなく、発売日に買いに行ったりしてましたね~。その後レコードからCD・MDへトントン拍子に移行し、いまではネットで曲を購入できる時代に・・・。本当、ここ30年ほどの間に革命的な進歩だと思います。

今日はバンド組んで音楽やって・・・という「音楽を演奏する側の立場」ではなく、聴く側の立場について話をしましょう。

世の中で音楽ってどんな地位にあるのか?って真剣に考えたことないのですが、最近少し考える機会がありました。市や県などが文化活動に対しての補助金などを打ち切ったり、今まで長くやってきた音楽イベントを辞めたりし始めているという話を耳にしました。世の中の景気が良くても悪くても、いつの時代もお役所だけは一緒だと思っていたので、非常に驚きました。。

補助金が出ないのは仕方ないとしても、今まで長くやっていた音楽イベントを辞めてしまう、あるいはあまり協力しないという姿勢はどこからやってきたのでしょう?誰かの差し金?市民からの意見があった?そもそも、世の中から音楽がなくなっても害はないということ?色々な疑問が頭をよぎります。

私たちの周りには様々な音楽であふれています。TVをつけていればいやでもCMで音楽が流れますし、スーパーに入れば何かしら必ずBGMが流れています。気分がよければ鼻歌を歌ったりしますし、ある歌がぐるぐる頭を巡ってるときも。それだけ、音楽は身近に欠かせない空気のような存在なのではないかと思うのです。しかも、昔繰り返し聞いたような曲は、今聴いても繰り返し聴いていた当時のことを思い出したり、当時の景色がよみがえったり、音楽って色々な思い出と共にある頼もしい存在だと思いますが皆さんはいかがでしょうか?

でも、何といっても音楽の醍醐味は、やはり生演奏でしょう!リアルに勝るものはありません。しかも音楽って、海外の人たちとコミュニケーションをとるツールとしても最高で!!言葉は通じなくても、音楽を奏でると反応があったり、すぐに意思疎通がはかれてしまうのですから。

音楽イベントが減らされてるという現実はありますが、本当は人間にとって欠かせないものなので、これからも大切に守っていきたいです。また、どういう形であれ、イベントの大小関係なしに積極的に参加して行きましょう~!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です