ase-23-sase のすべての投稿

ネットビジネスに参加しました

お友達のお誘いでネットビジネスに参加しました。
先生のアドバイス通りに、私はプロジェクトに次々挑んでいきました。

当然落選したことも多かったですが、当選した案件は2、3件掛け持ちすることも多く、休日の半日をランサーズに費やすこともありました。全てはクライアントから信頼を得るため、責任感と誇りを持って作業しました。

それから1か月後、先生の助力のおかげで、ついにランサーズでの収入が10万を超えました。
この時私は会社に来て、言われた通りのことをして給料を貰うより
自力でコツコツ結果を出して稼いだと改めて感じ、また同時にランサーズでのやり
がいも感じました。

その後ネットサーフィンでランサーズで稼いでる人のことを調べると50万単位の金額を稼いでいる方も何人か知りましたので、私は「このまま頑張れば報酬が増えるし、本業の給料を上回れるかもしれない。」と思いました。

今後は文字入力・文書作成に慣れてきたこともあって、1記事2000文字などの案件にも挑んでいこうと思います。

私にプロジェクトを依頼してくれたクライアントの方々には本当に感謝しています。

私自身もランサーズを副業にしようと思ったとはいえ、まさか短期間でこれだけ稼げるとは思いもよりませんでしたので。

今はランサーズでライティングのプロジェクトをやっていて、私の作った記事がクライアントのためになっていると考えるとランサーズが楽しいとも感じています。

私は今度は、目標を月20万に設定し、それを達成できるように、そしてクライアントとの関係を壊さないようにプロジェクトをこなしていこうと思います。

また、先生のネットビジネスを手伝った報酬として、月30万円を獲得することができました。

今後はこの収入を月40万円に高めていく所存です。

ランサーズで稼ぐということ

主にランサーズで副収入を得ている私ですが、今回は私はランサーズでプロジェクトをこなして副収入を稼ぐことについて書こうと思います。

 

まずランサーズのプロジェクトは以前の記事で書いたとおり、クライアントの案件募集にランサーが見積もりを応募し、クライアントがそのランサーからの見積もりの中に仕事を任せられる物があればそれを選んでエスクロー(報酬の仮入金)し、

プロジェクトの開始という流れです。

 

納期までにプロジェクトが完了すれば、そのクライアントとの間に信頼関係が生まれ、報酬の金額も上がることもあるとのことで、会社に勤めずランサーズで生計立てている人の大半がこのプロジェクトで稼いでいると思います。

 

私は2014年に日商PC検定・文書作成3級を取得し、ランサーズのタスク案件を30件ほどこなすうちに1時間で平均1500文字打てるようになりました。

 

なのでライターは私に1番合った仕事なのではないかと自負しています。

 

そこで私はランサーズの多数のプロジェクトで稼いで、職場を退職し、いずれは認定ランサーになれるように努力していく所存です。

 

 

Jライターズにも登録、しかし・・

会社員としての業務の合間にランサーズで主にウェブライターとして案件をこなしている私ですが、以前の記事でも述べたとおり、ランサーズで自分に合った案件が見つからないときがあるので、一時期「Jライターズ」という所にも登録していました。

 

Jライターズとは、ブクレコ株式会社が運営し、ランサーズと同じくサイトに登録して仕事に応募して報酬をもらうクラウドソーシングですが、編集部の担当者が仕事とライターとのマッチングが応募とライティングの間に入るのがランサーズとの違いです。

 

また名称の通り、ライティングの案件に特化しています。

 

私は登録後、さっそく仕事を探してみましたが、検索結果は募集が終了した過去の案件がほとんどで選択肢がランサーズよりも少なく感じ、「これならランサーズの方がまだマシ。」と

思い1件も仕事に応募することなく退会し、またその頃ランサーズでライティングだけで月45万稼いでいるランサー(http://xn--cct26u0xf9c316cwzhg7ju9nkp5a.com/さん)を知ったのもあって、自分でもランサーズで稼いで生きていくことを再度決意しクラウドソーシングはランサーズのみの登録に戻りました。

Youtubeに動画を投稿して収益化、しかし

前回書いた通り私はYoutubeでビジネスを始めるためグーグルアドセンスを取得しました。

 

それから数日後にYoutubeへの動画投稿するにあたり、動画の収益化と再生されやすいコツなどを調べました。

 

その結果、私はまず日本だけでなく、海外の人たちにも見てもらえるようタイトルを英語表記にし、日本語の説明文の下に英語の説明文を入れることにしました。

 

さらに、画像編集ソフトでチャンネル登録を促すエンドカード(当然メッセージは英語表記で)とカスタムサムネイルを作成しました。

 

そして動画の内容は、「新幹線なら海外でも人気がある日本の誇りだから良いだろう」と思って、新幹線で東京行ったときに撮影した新幹線の動画に上記のエンドカ

ードとカスタムサムネイルを加えて収益化を設定してアップロードしました。

 

しかし、投稿から約1ヶ月経った2015年12月21日現在、その動画の再生回数はわずか10回でチャンネル登録者も0、収益は0.04ドルでした。

 

ですが、私はあきらめず多くのYoutube上のどの動画とも被らない動画を制作して投稿し続け、ランサーズとYoutubeで生計を経てて行けるよう努力していくつもりです。

グーグルアドセンス取得まで

たくさん稼げるネットビジネスを探しているうち、「Youtubeアドセンス」という

ものを知りました。

 

Youtubeアドセンスとは、Youtubeの動画に広告コードを貼り付け、その動画の再生回数の10%、つまり再生回数1回につき0.1円の広告収入を得られるネットビジネスのことで、このYoutubeアドセンスで稼いでいる人を「Youtuber」といいます。

 

日本だとヒカキンさんやはじめしゃちょーさんなどが有名ですね。彼らはYoutubeだけで1日6万円ほど稼いでいると思うのですごい話ですね。

 

私もやってみようと思い、まずグーグルアドセンスの取得からはじめました。

 

グーグルアドセンスの1次審査はブログでしか申請できないので、いつかブログでも稼げるようになろうと思い、so-netでブログを開設して5記事書いて申請しました。審査の結果が出るまで1週間ほどかかるとのことで、その間もブログを毎日更新しました。

 

そして申請から約6日後に1次審査に合格したとの通知がきました。

 

その通知のメールに添付された2次審査用の広告コードをブログに貼りつけ、それから2週間後にブログに広告が表示されるようになり、グーグルアドセンス取得が終わりました。

 

次回はYoutubeへの動画投稿と収益化を書いていこうと思います。

FXをデモトレードで断念!

私はランサーズ登録直後、FXにも挑戦したことがあります。

 

FXとは「Foreign eXchange」の略であり、日本円と外国通貨を交換・売買し

てその差額を手に入れる投資方法です。

 

私は様々な副業を調べているときにこのFXを知り、その後大損しない方法や専門用語などを調べ、次に様々なFXの会社の口コミを探して見てまわり、

最終的にテレビでCMを見たことがあることと、お金が関わらないデモトレードで練習できること、そしてわずか4000円から始められることから「外為オンライン」に決めました。

 

早速デモトレードに申し込み、試しに1番日本円との差額が大きいと言われているオーストラリアドルとの通貨売買をやってみましたが、予想以上に画面の見方や操作方法が難しく感じ、結局その場でFXは自分には合わないかもしれないと思い断念しました。

 

次回はネットビジネスの定番(?)、グーグルアドセンスに挑戦した事を書こうと思います。

 

ランサーズ・プロジェクト体験談

ランサーズで作業を開始して1ヶ月と1週間ほど経過した2015年12月に入ってから、私は今後ランサーズで生計を立てていくための重要な方法、「プロジェクト」への提案も開始しました。

 

プロジェクトとは、クライアントがランサーに提案(見積もり)を募集し、クライアントが仕事を任せられそうな提案を1つ選んでその提案を行ったランサーに依頼し、そこから正式に仕事が開始される方式で、タスクよりも高い金額を稼ぐことができます。

 

私は初めてプロジェクトに挑戦する際、タスクのように自分にできそうなプロジェクトを探して回り、まずは報酬が1000円ほどのライティングの依頼を見つけ、提案しました。しかし数日後にクライアントから「申し訳ございません。提案お断りです。」とのメッセージが届き、私の提案が不採用だったことを受け入れました。

 

それから数日後、違うライティングの依頼に提案したところ、当選し、承諾の依頼が来ました。私は当然承諾し、クライアントからエスクロー(仮入金)され、私の

初プロジェクトがスタートしました。

 

当選したときはとても嬉しかったので、このプロジェクトは責任と誇りを持って、

終わらせていこうと思います。

 

安い案件は簡単に実績稼ぎになる

ランサーズでタスク案件をこなしている私ですが、当然報酬が高い案件を多数作業したいと思っています。ですがサイト上でタスク案件を探すと中々自分にできそうな案件が見つからない時があります。

 

その時は報酬100円以下の数分で終わるような検索結果の報告やアンケート回答など安くて簡単な案件を作業しています。さらにそれらの中には10円以下の物もあり、それもいくつか作業しました。

 

それらは報酬額は少ないのですが、承認されやすくタスクの作業実績を稼ぐことができますし、それらの作業件数によっては高い案件一つやるよりも多くの報酬も稼ぐことができます。

 

実際私も現在33件タスクを作業し、合計5000円ほど稼いでいますが、その中の10件ほどが100円以下の案件だったと思います。

 

練習・入門用として人気があるタスクでも安い案件でも作業するのとしないのではこう違うってことですね。

 

次回もランサーズでプロジェクトの体験談を予定しています。

副業決意~副業開始~初報酬まで

私が現在勤務している会社は給料がとても少なく、また人間関係も悪く、私も先輩社員に悪口をに言われたり、こき使われたり、理不尽に怒られたりしたので、入社4年目の2015年7月、ネット副業を開始していずれそれらの副業で組織に飼われることなく、自分一人で稼いで生活していく、つまりフリーランスになることを決意しました。

 

まずはどんなネット副業があるか色々調べました。そしたらアフィリエイト、ウェブライター、Youtuber、FXなどを知りました。その中から私は日商PC検定・文書作成3級を所有していて、1時間で1500文字入力出来る自信があるので、まずはウェブライターから始めてみようと思いました。

 

次にウェブライティングで稼げるサイトを調べたところ、ランサーズが一番手軽と感じ、2015年8月24日に登録し、同年10月20日から単価が数百円と安いが承認率が高くて報酬が発生しやすいタスクから取り掛かりました。それから1日1件以上タスク作業を実施し、11月15日、報酬額1003円から振込手数料500円引かれた503円が私の口座に振り込まれていました。

 

それだけですが、初の副収入でとても嬉しかったです。私は「翌月はもっと稼ごう」と思いました。

 

 

「おけいこごと」と音楽

プロフェッショナルとアマチュアってどういう定義で分けられているのか?と真剣に考えてみました。

一般的に、プロというとその職業を専門とし、それによってお金をもらって生活している人だと思います。一方でアマチュアとは、その職業を専門とせず、生活の糧は別にあって趣味に徹している人ですね。

私は最近趣味ってじゃあなんなの?とよく考えます。趣味って自己満足の世界?でも人前で演奏するのにそれじゃ、お客さんは聴いてくれない。音楽は、サービス業と似たような性質があります。お客さんに喜んでいただくために、楽しんでいただくために何をすればいいかをプロ・アマ問わずに考えなくてはいけません。

話はぶっ飛びますが、わが子がピアノを習いたいといったので、小学1年生の時に、近くのピアノ教室に通わせ始めました。私が音楽に本気度大というのもありますが、ピアノ教室の教えっぷりがあまりにもずさんに思ったので、色々他の教室もリサーチしてみました。(さすがに文句は言えず・・・自分が間違えているかもしれないので(笑))すると、すごい事実が明らかになりました。

私の考えがおかしいのかもしれませんが、習い事するのに「専門的」な教え方と、「おけいこごと」的な教え方を分けているようなのです。でもおかしいと思いませんか?ピアノに興味を持ったからこそそこに来ているわけで、それなのに一般は「おけいこ事レベル」の教え方しかしないなんて、どうしても私は納得できません。

私が小学生だった頃、同じような体験をしたことを思い出しました。私は小学校3年からピアノを習いましたが、同じ教室でライバルがいて、どうしてもその子には勝ちたくて、いつも意識していました。ある日、その子が習っている内容と私が習っている内容が違うことに気づいて先生に質問したところ、「あの子は音大目指しているから」と言ったのです。は?音大?私だって行きたいわ!でも、なんで目指している人とそうでない人にここまで差をつけるの?と小さいながらに先生に疑問の目を向けました。

プロは当然、それを生業いとしているからプロと言います。でも、アマチュアでも、精神はプロ並みでないと、相手のお客様に聴かせることができません。自分の演奏を聴いていただけたことに感謝し、次につなげてゆくことが大切だということに、長年音楽を続けてきた私が最近やっと気づきました(遅いですが・・(笑))

たとえわずかでも、アマ・プロ関係なくギャランティーを頂いた時には素直に感謝し、自分を磨いて向上していくといいでしょう。